復帰摂理歴史の真実

無料カウンター

<トップ> 文師の電気工学専攻と原理の解明

■ 序章
 第一節 原理と復帰摂理歴史の再考

1. 復帰基台摂理時代とは



 歴史は繰り返すといわれ、原理講論には上図が掲載されています。
 ところで、上の歴史発展表示図ですが、3つに区分された最初の 「復帰基台摂理時代」 だけは実線で表記されているのに対して、後の 「復帰摂理時代」 と 「復帰摂理延長時代」 は各時代の名称と期間が明記され、復帰節理としてアブラハム家庭から始まったことを表しています。具体的には、 「復帰基台摂理時代」 の最後の人物が 「ヨセフ」 となっているところから、ヤコブから始まるイスラエル選民としての12子息のひとりであるヨセフが副王に就任するまでが 「復帰基台摂理時代」 とされるのです。
 ところで、 「復帰基台摂理時代」 におけるアダムからノアまでの1,600年は、復帰摂理を始める上での家庭的四位基台を構成するための、神による準備期間といえるでしょう。



 (1) 信仰と不妊

 さて、堕落したアダムとエバの子セツにも男の子 「エノス」 が生まれました。この頃から、これまで神に背を向けていた堕落人間は、漸く神と向き合い 「」 として迎えるようになりました。(創世記第4章25節〜26節)

<創世記第4章25節-26節>
 アダムはまたその妻を知った。彼女は男の子を産み、その名をセツと名づけて言った、「カインがアベルを殺したので、神はアベルの代りに、ひとりの子をわたしに授けられました」。セツにもまた男の子が生まれた。彼はその名をエノスと名づけた。この時、人々は主の名を呼び始めた

<創世記11章30節>
 サライはうまずめで、子がなかった。

<創世記17章17節>
 アブラハムはひれ伏して笑い、心の中で言った、「100歳の者にどうして子が生れよう。サラはまた90歳にもなって、どうして産むことができようか」。

<創世記17章11節>
 さてアブラハムとサラとは年がすすみ、老人となり、サラは女の月のものが、すでに止まっていた。

<創世記20章2節>
 サラはみごもり、神がアブラハムに告げられた時になって、年老いたアブラハムに男の子を産んだ。


 それは、アダムから7代目のエノクの時に頂点に達し、その子メトセラが生まれた後300年も神に信仰を捧げますが、この頃にしては大変若くして亡くなっています。
 しかし、このエノクを前後として子息の誕生が遅くなっている、つまり、歳を経て子息が誕生していることです。ヤレド162歳、メトセラ187歳、レメク182歳とそれ以前とは倍くらいとなり、ノアのときには500歳でセム、ハム、ヤペテが生まれました。はたして、それぞれの夫や妻に何があったのか、なぜエノクが300年もの間、神とともに歩むようになったのか、また短命であったのかなど疑問に思える箇所があり、ノアの子セムは100歳で、アブラハムの父テラは70歳でアブラハムを、そしてアブラハムは子供を産めない 「うまずめ」 のサライを妻として娶っています。
<創世記第5章>
@、アダム(130歳セツを生んだ後、800年生きた。)930歳。
A、セツ(105歳エノスを生んだ後、807年生きた。)912歳。
B、エノス・(90歳カイナンを生んだ後、815年生きた。)905歳。
C、カイナン(70歳マハラレルを生んだ後、840年生きた。)910歳。
D、マハラレル(65歳ヤレドを生んだ後、830年生きた。)895歳。
E、ヤレド(162歳エノクを生んだ後、800年生きた。)962歳。
F、エノク(65歳メトセラを生んだ後、300年、神とともに歩んだ。)365歳。
G、メトセラ(187歳レメクを生んだ後、782年生きた。)969歳。
H、レメク(182歳ノアを生んだ後、595年生きた。)777歳。
I、ノアは、500歳セムハムヤペテを生んだ。950歳。
130+105+90+70+65+162+65+187+182=1056
1056+500=1556(約1600年)

<創世記第11章>
@、セム(100歳アルパクサデを生んだ後、500年生きた。)600歳。
A、アルパクサデ(35歳シラを生んだ後、403年生きた。)438歳。
B、シラ(30歳エベルを生んだ後、403年生きた。)433歳。
C、エベル(34歳ペレグを生んだ後、430年生きた。)464歳。
D、ペレグ(30歳リウを生んだ後、209年生きた。)239歳。
E、リウ(32歳セルグを生んだ後、207年生きた。)239歳。
F、セルグ(30歳ナホルを生んだ後、200年生きた。)230歳。
G、ナホル(29歳テラを生んだ後、119年生きた。)148歳。
H、テラは、70歳アブラムナホルハランを生んだ。205歳。
100+35+30+34+30+32+30+29+70=390(約400年)





 (2) ノアとアブラハムの家庭

 アベルを中心にして見るとき、アベルもカインと同じ精誠で供え物をささげました。しかし、アベルはその出発点から神側であるため、神様は受けられたのです。ですから、アベルは神様が自分の供え物を受けられたとしてもただ「ありがとうございます」と言いながら温柔謙遜でなければなりませんでした。そうしたならカインが殺そうとしますか? しかしアベルは、神様が自分の供え物だけを受けられたので、カインの腸が煮えくり返るほど、度を越えて喜んだのです。どんなにうれしくても一人で喜んで黙っていたなら良かったのに、兄に自慢したのです。皆さんもうれしいことがあれば自慢したいですか、したくないですか? 自慢したいでしょう? 同じようにアベルも兄にそれを自慢したのです。ところが自慢が度を越えて「お兄さんの供え物は受けないで私の供え物は受けた。だからお兄さんより私が、より勝っただろう!」、このようなことまで話したのでしょう。ですからカインの顔は真っ赤になったでしょうし、憤らずにはいられなかったのです。そのように考えることができるのです。
 アベルは神様の恩恵を受けたからといって、うれしいと自慢をしてはならなかったのです。恩恵を受けたならむしろ自分の不足を悟り「お兄さん、すみません」と言わなければなりませんでした。そうしたならカインが殴り殺しますか? 殺さないでしょう。これがアベルの失敗です
 皆さんはアベルが好きですか、カインが好きですか?(アベルです)。私はカインも好きでなく、アベルも好きではありません。どうしてでしょうか? アベルが、カインすなわち兄と共に供え物をささげた時、神様が自分の供え物だけ受けて兄の供え物を受けなかったとしても、兄に純粋に対さなければなりませんでした。兄のことを考えなければなりませんでした。そして「ああ、お父さん、なぜ私の供え物だけ受けたのですか?」と言って泣きわめいて、兄のところに行って「私の供え物だけ受けた神様は嫌いです」と言ったなら、神様はどうされたでしょうか? 間違いなくカインを愛さずにはいられなかったでしょう。
 カインとアベルは、供え物を同じように準備して神様の前にささげたことでしょう。カインは穀物を、アベルは羊を一年間精誠を尽くしてささげたのです。精誠を尽くすことはいいというのです。ところで誰が精誠をより尽くしたかという問題を離れて、供え物を受ける受けないという問題を見るとき、神様はアベルの供え物を受けざるを得ない立場であるから受けたのです
 ところで、アベルは神様が自分の供え物だけを受けられたので、自分ができが良くて、神様は自分だけが好きなので受けたのだと思って「お兄さん、見てよ。私の供え物は受けられたよ」、そのように自慢したのです。間違いなくそうしたのです。そうしなかったなら、じっとしているカインの顔がなぜ赤大根のように真っ赤になりますか? アベルが黙っていたのにそうなったのでしょうか? 間違いなくアベルはカインの前に行って「お兄さんが何だ、私の供え物を受けただろう」と言って両手を振りながら歩き、ねちねち振る舞ったでしょう。アベルは驕慢では駄目だということです。謙遜でなければなりません。それだから殴られて死んでも当たり前だというのです。殴られて死ぬようになっています。(「牧会者の道」837p〜838p)


 創世記九章20節から26節までの記録を見れば、ハムは自分の父親ノアが天幕の中で裸になって寝ているのを発見し、それを恥ずかしく思ったばかりでなく、よくないことと考え、彼の兄弟セムとヤペテとが恥ずかしい恥ずかしい気持に陥るように扇動した。このとき、彼等もハムの扇動に雷同して、その父親の裸体を恥ずかしく思い、うしろ向きに歩み寄って、父の裸を着物でおおい、顔をそむけて父の裸を見なかった。ところが、これが罪となり、ノアはハムを呪って、その兄弟のしもべとなるであろうと言ったのである。(「原理講論」ノアの家庭を中心とする復帰節理 実体基台 より)



  @ 復帰基台摂理時代の意味

 さて、前節で述べた内容を簡単に図にしてみました。
 エノスが生まれた頃に、人々は主の名を呼びはじめ、その信仰の種がエノクに実ったと考えられますが、その種を芽生えさせる畑は具体的にヤレドの妻のころから徐々に整えられ、ノアが誕生したと考えられます。
 アダムの家庭を蕩減復帰すべきノア家庭には、エバの立場を蕩減復帰すべきノアの妻が立てられていました。
 次にそこの要点を簡単に整理してみます。


  A アベルの挑発とカインの殺害

 上記した内容から、アベルは、神様が自分の供え物だけを受けられたので、度を越えて喜び自慢しました。このことがカインの神に対する不満を抱かせ、その矛先をアベルに向けさせたのです。ついにはその怒りを爆発させてアベルを殺害してしまいました。
 アベルは、カインが神に対して自分と同じように、あるいはそれ以上に精誠を込めて供え物を神にささげたにもかかわらず、そのカインの神に対する誠意を無視するかのように弟であるアベルは一方的に自慢し喜んだのです。さらに、兄に対する勝者のごとく立ち振る舞ったことによって殺害という引き金を引かせてしまいました。
 アベルとしての使命は、供え物を神に取ってもらうことではなく、同じように精誠を込めて神に供え物を捧げた兄としてのカインの心情を後押しして、神に対する心を強く持たせることでした。しかし、アベルはそのことが一寸も目に留まらず自分の喜びだけで回りが見えなくなり舞い上がってしまったのです。


  B エバの失敗

 さて、アベルはなぜそのようなことをしてしまったのでしょう。その原因は母であるエバにありました。
 エバは堕落による恐怖心からアダムと肉的性関係を結んだ結果カインが誕生したのです。そのことによってアダムとエバには新たな問題が起こり、エバはアダムとカインを愛せなくなってしまったのです。しかし、エバはその心を悔い改めて後アベルが誕生しました。エバには愛せるアベルと愛せないカインが誕生したのです。当然エバにはアベルの良いところだけが目につき、カインの悪いところだけが目につきます。結果として、カインを厳しく叱りアベルを褒めて甘やかす傾向があったため、神が供え物を受け取る受け取らないということによって、このような結果を招いてしまったと考えられます。



2. ノア家庭の失敗とアブラハム家庭

 (1) 一般的な行為と恥ずかしいと思った心

 ノアの家庭で、天幕に裸で寝ていたノアを着物で覆ったことは自然な行為と考えられます。しかし、聖書では、ハムが 「よくないことと考え」 セムとヤペテを扇動したとあります。そのことによって、兄弟たちは顔をそむけて父の裸を見ることができませんでした。それらのことから、 「着物をかけた行為」 が罪になったのではなく、 「裸が良くないことと考えて扇動し顔をそむけた行為」 が罪になったと考えられます。
 このこともノアの妻がノアに対してそのように対してきた日常の行動がそのようにハムの心に強く焼き付き、セムもヤペテも同じように思い、顔をそむけたと考えられます。
 これは、当時、地が暴虐に満ちていた環境の中で、神の命令に従うということは、世の中からかけ離れた事なので理解できないことであったかもしれません。
 ノアは120年間、神の命令に従って山の頂に箱舟を造り続けました。常識としてとても理解できる行為ではありません。たとえ洪水審判が40日40夜、あるいは1年続いたとしても、120年という長い年月に培われたことは簡単に消し去ることはできないのです。ハムにはこれまでの習慣性によって、その天幕での事件を 「よくないこと」 としてとらえたのです。



  @ ノアの妻

 ノアの妻は夫と行動を共にし、心が通じ合い互いに理解を深めることができませんでした。夫であるノアは、妻にとって神に対する信仰は立派な夫なのですが、世の中に対してはとても恥ずかしい存在だったのです。



  A アブラハム家庭での加えられた摂理

 さて、ノアの家庭における問題点一つ目は、 「夫婦が同じ心情と神に対する同じ信仰を持つ」 こと。二つ目は、 「愛せないものを如何に愛するか」 、または、 「愛されなくても如何に愛するか」 ということがノア家庭まで解決できない課題として残されました。
 アブラハムの時には、アブラムとサライが飢饉を避けてエジプトに寄留したときのパロ宮中での出来事 (創世記12章10節〜20節) 。さらに、同じような出来事がゲラルの王アビメレクのところでもう一度遭遇します (創世記20章) 。
 そして、ヤコブの時には、夫ヤコブに愛された妻ラケル (妾の立場) と愛されない妻レア (本妻) がいました。ヤコブはレアよりもラケルを愛しました。しかし、レアはラケル以上に神に信仰を捧げたので子宝に恵まれたのです。その中でもイエスの先祖となるユダの誕生の時には、レアは 「わたしは今、主をほめたたえる」 と最高の賛美と感謝を神に捧げています



<トップ> 文師の電気工学専攻と原理の解明