復帰摂理歴史の真実

無料カウンター

アブラハム家庭はノア家庭のやり直し <トップ> ヤコブの母リベカと妻レア

■ 第一章 第二節 メシア誕生のための内的摂理
     b. イサク献祭とイサクの家庭


1. イサク献祭とサラ

 (1) イサク誕生とイサク献祭におけるサラ

  @ イサクの誕生とサラ

 アブラハムにイサクが誕生した時、アブラハム100歳でした (創世記21章)。 アブラハムがイシマエルと割礼を行ったのが、アブラハム99歳、イシマエル13歳 (創世記17章)。 サラにイサク誕生のお告げがあり (創世記18章 : 下記)、 ゲラル王アビメレクとの一事件 (創世記20章) があります。
 これは、前回のパロ王の時とは違い、神がアビメレクの夜の夢に現れて、アブラハムをサラの夫だとアビメレクに明かしていることです (創世記20章 3節)。 つまり神が、サラはアブラハムの妹から、妻としての立場を認めたことを意味します。

 彼らはアブラハムに言った、 「あなたの妻サラはどこにおられますか」。 彼は言った、 「天幕の中です」。 そのひとりが言った、 「来年の春、わたしはかならずあなたの所に帰ってきましょう。その時、あなたの妻サラに男の子が生れているでしょう」。 サラはうしろの方の天幕の入口で聞いていた。 (創世記18章 9節〜10節)


 神はアビメレクとその妻および、はしためたちをいやされたので、彼らは子を産むようになった。これは主がさきにアブラハムの妻サラゆえに、アビメレクの家のすべての者の胎を、かたく閉ざされたからである。 (創世記20章17節〜18節)


 さて、子を授かれることに胸をふくらますサラと、家のすべての者の胎を閉ざされたアビメレクがいました。あえて神は、アビメレクがサラに対して姦淫の罪を犯しかねない環境に置き、サラを死の覚悟をせねばならない環境に置いたのです。
 サラは覚悟を決め、その環境の中である一定期間を過ごしたので、それがサタン分立の条件となり (前ページ参照)、 神がサラをアブラハムの妻と認めることでサラをアビメレクから解放し、イサクの誕生に至るのです。




  A イサク献祭におけるサラの立場

 これらの事の後、神はアブラハムを試みて彼に言われた、 「アブラハムよ」。 彼は言った、 「ここにおります」。 神は言われた、 「あなたの子、 あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示す山で彼を燔祭としてささげなさい」。 アブラハムは朝はやく起きて、ろばにくらを置き、ふたりの若者と、その子イサクとを連れ、また燔祭のたきぎを割り、立って神が示された所に出かけた。三日に、アブラハムは目を上げて、はるかにその場所を見た。そこでアブラハムは若者たちに言った、 「あなたがたは、ろばと一緒にここにいなさい。わたしとわらべは向こうへ行って礼拝し、そののちあなたがたの所に帰ってきます」。 アブラハムは燔祭のたきぎを取って、その子イサクに負わせ、手に火と刃物とを執って、ふたり一緒に行った。やがてイサクは父アブラハムに言った、 「父よ」。 彼は答えた、 「子よ、わたしはここにいます」。 イサクは言った、 「火とたきぎとはありますが、燔祭の小羊はどこにありますか」。 アブラハムは言った、 「子よ、神みずから燔祭の小羊を備えてくださるであろう」。 こうしてふたりは一緒に行った。
 彼らが神の示された場所にきたとき、アブラハムはそこに祭壇を築き、たきぎを並べ、その子イサクを縛って祭壇のたきぎの上に載せた。そしてアブラハムが手を差し伸べ、刃物を執ってその子を殺そうとした時、主の使いが天から彼を呼んで言った、 「アブラハムよ、アブラハムよ」。 彼は答えた、 「はい、ここにおります」。 み使いが言った、 「わらべを手にかけてはならない。また何も彼にしてはならない。あなたの子、あなたのひとり子をさえ、わたしのために惜しまないので、あなたが神を恐れる者であることをわたしは今知った」。 この時アブラハムが目をあげて見ると、うしろに、角をやぶに掛けている一頭の雄羊がいた。アブラハムは行ってその雄羊を捕らえ、それをその子のかわりに燔祭としてささげた
 主の使いは再び天からアブラハムを呼んで、言った、 「主は言われた、 『わたしは自分をさして誓う。あなたがこの事をし、あなたの子、あなたのひとり子をも惜しまなかったので、わたしは大いにあなたを祝福し、大いにあなたの子孫をふやして、天の星のように、浜べの砂のようにする。あなたの子孫は敵の門を打ち取り、また地のもろもろの国民はあなたの子孫によって祝福を得るであろう。あなたがわたしの言葉に従ったからである』 」。 (創世記22章 1節〜18節)


 イサク献祭については、原理講論に下記のようにありますが、

 アブラハムが神の命令に従って、その約束の子イサクを殺そうとした忠誠は、 「象徴献祭」 の失敗によってサタンの侵入を受けた自分自身を殺そうとしたのと同様な立場をつくったのである。 ( 「原理講論」 後編 第一章 第三節 B み旨から見たイサクの位置と彼の 「象徴献祭」 )


 アブラハムとイサクを送り出したサラも、イサクを燔祭として捧げることを知っていて送り出したので、 「サタンの侵入を受けた自分自身を殺そうとしたのと同様な立場」 というのはサラにも当てはまることで、サラにその覚悟ができていたからこそ、夫とその子イサクを送り出し、アブラハムもその覚悟ができたのです。また、アブラハムとサラにその覚悟ができていたからこそ、イサクもそれに従えたといえます。



2. イサクの家庭、エサウとヤコブ

失われたイスラエル10支族
 ・ ラビ・エリヤフ・アビハイル 著 (学研プラス 発行)
 ユダヤ人には、遠い昔に分かれた兄弟がいる。世界史上最大の謎とされる 「失われたイスラエル10支族」 は、いったい、どこへ行ったのだろうか。その行方をめぐって、現代イスラエルの特殊機関アミシャーブの人間が世界中を調査してまとめた本格的研究書。

 ・ 著者 プロフィール
 現代イスラエルの特殊機関アミシャーブの元責任者。失われたイスラエル10支族の研究の第一人者であり、日本にも何度か訪れたことがある。



 賢人の語るところによれば、ラバンのふたりの娘のうち、妹のラケルがヤコブと結婚し、姉のレアがエサウと結婚するように仕組まれていたのだという。
 これもまた、イサクの祝福と同じく、互いに補完しあうことを企図したものである。すなわち、物質的な世界を体現するラケルは、精神的な人間であるヤコブを補完し、精神的な世界を体現するレアは物質的な人間であるエサウを補完するのだ。 ( 「失われたイスラエル10支族」 p20 )


 @ 補完としての存在価値

 神はアダムに、アダムにとって相応しい助け手としてエバを創造されました (創世記 2章18節)。 補完とは、 「足りない点を補って完全にすること」 であり、イエスが言われた、 「だから、あなたがたは、天の父が完全なように、完全でありなさい」。 マタイによる福音書 5章48節にある “完全” とはこの意味での “完全” なのです。神は二性性相の神であり、その二性性相が心情を中心として完全に調和 ・ 統一されているからこそ、神は 「愛なる神」 として居られるのです。こうして、補完する存在補完される存在は、互いに唯一無二としての絶対的価値を有するようになるのです。
 しかし、それは堕落人間において、陽と陽や陰と陰などの同質的なものではなく、陽と陰というように異質的存在となるため、理解が難しくその調和は困難となります。これに対して、人間は修練されると、自己の長所 ・ 短所を自覚するようになり、自ずとその短所に対する補完の必要性を認める受け入れるようになります。そのため、 「補完者の為」 に、または 「被保管者の為に」 という、愛が誘発されてくるようになるのです。
 この修練がある期間必要とされたために、神は 「取って食べるな」 と厳しく戒められたのです。この事は、堕落人間にとって、難行 ・ 苦行としての 「修行」 、復帰においては 「蕩減」 として苦痛を伴うものとなったのです。



アブラハム家庭はノア家庭のやり直し <トップ> ヤコブの母リベカと妻レア